女一人で人生初ヨーロッパに行った話

カレル橋 海外旅行

みなさんこんにちは。Namiraです。2023年8月に人生初のヨーロッパ旅行に行ってきました。

行き先として選んだのはオーストリア・ウィーンとチェコ・プラハ。私の好きなYouTuberがチェコの観光アンバサダーをしており、ずっと行ってみたいと思っていたのです。

そして折角ヨーロッパまで行くのなら2カ国くらい行ってみたいなということで電車で簡単に移動可能なウィーンをもう一つの行き先に決めました。

日程

ウィーン本駅

9日間の休みが取れたのですが、時差ボケが怖かったので帰国後に1日余裕を見た5泊8日の日程で行ってきました。※飛行機内で爆睡できたので全く時差ボケにはなりませんでした。

総滞在時間がウィーン2.5日, プラハ3日程度でしたが、かなり駆け足での観光になりました。特にベルヴェデーレ宮殿でクリムトの接吻を見ようとしたところ、当日チケットが売り切れていて泣く泣く諦めるという出来事もあったので各都市もう1日くらい長く滞在した方がより満足できたと思います。

8月11日23:35 桃園国際空港発(ドバイ経由, エミレーツ航空)
8月12日12:55 ウィーン国際空港到着
シュテファン大聖堂, 聖ペーター教会, ホーフブルク王宮オーケストラ
8月13日シェーンブルン宮殿, ウィーン国立歌劇場, オーストリア国立図書館, ウィーン国際映画祭
8月14日カフェ・ザッハー, ベルヴェデーレ宮殿, お土産購入
REGIO JETでプラハへ移動
8月15日プラハ城, ストラホフ修道院, ペトシーン展望タワー, スメタナホールコンサート
8月16日旧市庁舎, カレル橋, 市民会館ツアー, ミュシャミュージアム, お土産購入
8月17日旧市街早朝散歩, 空港連絡バスでプラハ空港へ
15:45 プラハ国際空港発(ドバイ経由, エミレーツ航空)
8月18日16:15 桃園国際空港着

かかった費用

お金

5泊8日の旅行でかかった費用は385,235円でした。※1ユーロ158.87円, 1チェココルナ6.59円として計算。

項目金額備考
飛行機代¥228,850台北-ドバイ-ウィーン, プラハ-ドバイ-台北
宿泊費¥52,214AZIMUT Hotel Vienna2泊, The Gold Bank3泊
食費¥27,151
交通費¥8,781ウィーン-プラハ€23.5
観光費¥29,642ホーフブルク王宮オーケストラ€65, スメタナホールコンサート1,150Kč
お土産¥36,170スワロフスキーのアクセサリー€140
その他¥2,427チップやトイレ利用料
¥385,235

コンサートに行ったりスワロフスキーでネックレスやピアスを買ったりとあまり節約は考えずに過ごしていたので中々に使ったなという感想です。

旅行の2週間前に航空券を購入したので飛行機代は高めでした。時期をずしたり早めに航空券を予約したりすれば15万円前後くらいで購入できそうな印象です。

ちなみにほとんどのお店でクレジットカードが使えたので現金はホテルでのチップ+トイレ代(トイレが有料の所が多い)程度あれば充分な印象でした。

治安について〜女性の一人旅は危険?〜

今回私が訪れたウィーンとプラハはどちらも非常に治安が良かったので女性一人でも安心して観光することができました。

スリに関して

ヨーロッパはスリが多いというイメージがありましたが私自身被害に遭いませんでしたし、周囲の人が被害に遭っている様子も一度も見かけませんでした。

地下鉄やトラムも安心して乗ることができました。

夜道に関して

コンサートの後22時頃に歩いてホテルまで帰ったりもしましたが何の危険もありませんでした。ただし、街灯のない裏道なんかは流石に怖かったので人通りの多い明るい道を選んで歩きました。

行ってみての感想

初ヨーロッパの感想は「とにかく最高!!!」でした。

アジアとは全く建築様式の異なる街並みに圧倒されたのはもちろん、観光地や公共交通機関がしっかりと整備されていてとても観光しやすかったです。どうしても東南アジア等だとタクシーやトゥクトゥクじゃないと観光地へアクセスできなかったりするので・・・。

治安に関しても不安に感じるような場面はなく、飲食店も1人で気軽に入れるお店が多かったので一人旅しやすかったです。

ウィーンとプラハはヨーロッパ一人旅を計画している人にお勧めな街です!

この記事を書いた人
Namira

メーカー勤務で現在は台湾駐在中。カメラ片手によく国内・海外旅行をしているので、カメラや旅のことについて役立つ情報が発信できないかと思い当ブログを始めました。
写真ACで写真の販売もしているので以下のリンクからぜひダウンロードお願いします。

Namiraをフォローする
海外旅行
Namiraをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました